第1回 マイム科学創楽クラブ 「電子回路で動かそうエサを追いかける振動カブトムシの製作」

小学5年生のA君は、事前に見学で電子回路工作に興味を持たれていたので、「電子回路で動かそうエサを追いかける振動カブトムシ」を製作しました。

カブトムシの脚は、最初から切っている歯ブラシを使わずに、鋸で切って製作しました。やすりでバリをとって部品ができあがりました。

次は電子工作です。電子回路は、磁石でONになるリードスイッチ、トランジスタのダーリントン接続、100μFのコンデンサー、LED、振動モーターを使います。ブレッドボートの丁寧に配線ができました。

さて、いよいよマグネットをリードスイッチに近づけると・・・アレ!動かない。

昼食を挟んで再度チャレンジしました。動かない原因が、配線不良でした。ブレッドボートに配線が浅くしか差し込まれていませんでした。これを修正するとバッチリ動きました。

最後は、電子回路をカブトムシに背負わせて合体します。真っ直ぐに進むように歯ブラシをハサミで切って調整しました。

【すごいと思ったところ】

1)ノコギリで歯ブラシがまっすぐに切れたこと。

2)電子部品をブレッドボート上に丁寧に配線できたこと。

3)カブトムシがまっすぐ進むように最後まで頑張って調整したこと。

4)ハンダ付けがとても上手にできたこと。

スゴイ!頑張りましたね!