振動モーターの仕組み

イベント準備のため振動モータを買った。振動モーターを分解して回転する仕組みを考えた。

部品は、永久磁石、コイル、ブラシ、整流子(コミュテータ)である。さて、永久磁石の極性が分からない。砂場で砂鉄を採取して、N-S極性を調べることにした。

磁石に砂鉄を振りかけても磁力線は見えなかった。何かの拍子に磁石を白紙に押しつけたのかな(私は見ていなかった)。なんと、見事に極性が模様となって現れた。

N-S極性が分かったところで、整流子(コミュテータ)で電流の向きを変えて、N-S極性をつくり、永久磁石と反発・引き寄せられて回転することがわかった。

前の記事

砂場の砂鉄と幼稚園児

次の記事

コンデンサーの働き