2月のマイムのテーマは「せいでんき」です。

マイム冬合宿で静電気について学びました。乾燥時期なので2月も静電気について学んでいます。

雲と地面の間のスパークである雷は、雲から地上に向かう「おちる雷」と地上から雲に向かう「のぼる雷」があるようです。

マイナス極性の高電圧電源(25,000ボルト)で地上をプラス、上部(雲)をマイナスにしました。

「おちる雷」か「のぼる雷」を確認するために、高速度カメラで撮影しましたが、現象が早すぎて、数cmの距離では確認できませんでした。

※ ちなみに2cmの距離を、速度200km/秒で落ちると考えると0.1μsecになりますので、マイムの高速度カメラ(2msec)では判別できません。

前の記事

スポーツタイム2月

次の記事

面積のひみつ