大学講義<本番>火災・燃焼講義

大学の1回生向けの集中講義「火災・燃焼について〜災害支援と防災」を行いました。

マイムのスクール生がコニーの実験助手として出演しました。

緊張感漂う中、アイデアマンのスクール生がバックグランドミュージックを流すなどの工夫も見られました。

トップバッターは、OSさん、1回目のロウソク蒸気着火に失敗!再度挑戦すると見事に火炎が噴射!会場から「おー」という歓声。続けてOSさんがマイクロフレームを実演、デジカメで拡大してプロジェクターに投影もしました。

2番手は、ORさん、事前に準備した3本の圧縮着火容器、1本目は不発、2回目に見事成功しました。

3番手は、フィルムケース爆発、会場から学生に参加を呼びかけると、勇気のある女性が立候補、3回目くらいで見事爆発しました。

4番手は、パルスジェットです。2回とも成功したのですが、実は・・・安全対策でアクリルで三方囲まれた容器内で実験をしたので、空気の供給が十分でなく、数秒で消火しました。これは、事前のコニーのミスですね。

5番手は、粉塵爆発です。予め、火花着火とロウソク着火を用意しました。案の定、火花点火は上手くいかず、爆発に至りませんでしたが、ロウソク着火は、見事に爆発をしました。

さて、最後は、火災旋風です。3度も製作の変更をしたとても思い入れのある実験装置です。最初に、単純なプール火炎、その後、周囲を囲って見事に火災旋風ができました。

帰りには、ご褒美にファミレスで夕食でした!

前の記事

大学院生の研究指導

次の記事

WeDoでSTEAM教育