テントウムシの幼虫とアブラムムシ

マイムのある高城新町は徒歩5分以内に公園が2つあります。草むらをよく見てみると、そこにはアブラムシの塊が、そして近くにテントウムシの幼虫がいました。プラスチックシャーレに入れて、マイムに持ち帰りました。

マイクロスコープで観察していると、テントウムシの幼虫がアブラムシに襲いかかっていました。かわいそうでしたが、少し観察しました。幼虫は、アブラムシの体液を吸っていましたが、途中で停止しましたので、アブラムシは、生きていました。

小さな出来事にもドキドキすることがあります。テントウムシとアブラムシの物語でした。

前の記事

ロボットをつくる